*

ブログBlog

日焼けが悪化する食べ物!?

こんにちは!RAUM廿日市店の津尾です。
梅雨明けして、いよいよ夏本番ですね!
そうなると多くの方が気にされるのが日焼けではないですか?
今は日焼け対策を気を付けられている方がほとんどだと思います!

ですが、日焼けを悪化させてしまう食べ物がある事を知っていましたか?
本日は日焼けに関係する食べ物についてご紹介します☆

日焼けを悪化させる食べ物って?

日焼け悪化させる食べ物!共通するのが…
「ソラニン」
という成分を含んでいる食品です。
ソラニンは光毒性物質と言われる成分で、日光など光を浴びると紫外線に過敏に反応し、肌にダメージを与えてしまう物質です。
私達の身体を紫外線に対しての受け入れを高めてしまい、吸収しやすくしてしまうんです!
ですので、ソラニンを含む食べ物を食べてから外出すると、日焼けしやすくなってしまうという事です。
そして厄介なことにソラニンを多く含む食べ物は、美白に効果的と言われているビタミンCを多く含む食べ物にも多いんです……!!!

【ソラニンを多く含む食べ物】
・柑橘系(レモン、オレンジ、グレープフルーツなど)
・きゅうり
・セロリ
・キウイ
・いちじく
・パセリ
・シソ     などです。

 

食べる時間帯に気を付けて美肌作り♪

ですが、ソラニンを含んでいるから、食べてはいけないわけではありません。
その他にお肌にいい成分が含まれている食べ物ばかりなので、食べる時間帯に気を付けて食べていきましょう!
ソラニンは摂取してから2時間でピークを迎えます。
紫外線のピークは10時~14時なのでこの時間帯に外に出る方は、摂取を控えましょう!
食べるのであれば、15時以降や夕食時にしましょう♪

 

日焼け予防・日焼け後のケア食材

日焼け予防が出来る食べ物もあるんですよ!
ビタミンA・ビタミンC・ビタミンEの栄養素を持っている食べ物です。
この3つをバランス良く摂れるのが「いちご」「かぼちゃ」「ピーマン」です。
夏場は特に朝食に取り入れていってください☆

そして、日焼け後にオススメなのが「アセロラジュース」です!
アセロラはビタミンCが1番豊富で、日焼けによる炎症をケアし、メラニン生成を抑えてくれるので色素沈着をブロックしてくれます。
アセロラはジュースにしても栄養素が壊れません。
ジュースならスーパーなどでも売っているので、取り入れやすいですね!

 

日焼け止めや日傘などの外側のケアも大切ですが、食べ物などの内側のケアもぜひ取り入れてみてくださいね!
そして焼けない肌を目指して、夏を乗り切っていきましょう(^v^)